File: NOTE

package info (click to toggle)
dcl 7.3.3-1
  • links: PTS, VCS
  • area: main
  • in suites: bullseye, buster, sid
  • size: 17,208 kB
  • sloc: fortran: 48,501; makefile: 4,265; ansic: 3,993; sh: 137; f90: 14
file content (49 lines) | stat: -rw-r--r-- 1,508 bytes parent folder | download
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
* This document written in UTF-8

このパッケージには, 以下の NOTE ファイルがある. これらのファイルには,
機種依存性や移植の際の注意が書かれているので必ず目を通すようにしていた
だきたい.

./NOTE
./sys/NOTE
./dvlop/NOTE
./src/math1/oslib/NOTE
./src/math1/syslib/NOTE
./src/misc1/bitlib/NOTE
./src/misc1/chglib/NOTE
./src/misc1/chklib/NOTE
./src/misc1/clcklib/NOTE
./src/misc1/datelib/NOTE
./src/misc1/fiolib/NOTE
./src/misc1/misclib/NOTE
./src/misc1/randlib/NOTE
./src/misc1/timelib/NOTE
./src/grph1/csgi/NOTE
./src/env1/bitmap/NOTE
./src/env1/cl2tnmap/NOTE
./src/env1/colormap/NOTE
./src/env1/fonts/NOTE
./src/env1/mapdata/NOTE
./src/math2/fftlib/NOTE


Windows 用の注意事項

config.hは本来configureで作られるが
Intel/Windowsの用にconfig.h.winを置いておく。

まず、config.h.win を config.h にリネーム(コピー)
MSVC の コマンドプロンプトを立ち上げる。
intel の 設定コマンドを起動する。
標準的には
c:\program files (x86)\intel\compiler\fortran\11.0\065\bin\ifortvars.bat ia32
のようなコマンドで起動できる。
以上で、nmake する環境が整うはずなので
nmake -f Makefile.win
nmake -f Makefile.win install
で、できあがってインストールされる。
インストール先はc:\dcl-fortran\
になるはずだから、先にパッケージ版のdcl-fortran をインストールしておけば
よい。

nmake -f Makefile.win clean