File: README

package info (click to toggle)
dcl 7.3.3-1
  • links: PTS, VCS
  • area: main
  • in suites: bullseye, buster, sid
  • size: 17,208 kB
  • sloc: fortran: 48,501; makefile: 4,265; ansic: 3,993; sh: 137; f90: 14
file content (142 lines) | stat: -rw-r--r-- 4,521 bytes parent folder | download
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
110
111
112
113
114
115
116
117
118
119
120
121
122
123
124
125
126
127
128
129
130
131
132
133
134
135
136
137
138
139
140
141
142
* This document written in UTF-8

0. 地球流体電脳ライブラリについて

地球流体関係者が長年にわたり蓄積してきた FORTRAN ライブラリです. 
ライセンスは 二条項BSDライセンス です.正確なライセンスはLICENSEファイルを
参照してください.

地球流体電脳倶楽部については

	http://www.gfd-dennou.org/

電脳ライブラリについては

	http://www.gfd-dennou.org/arch/dcl/

を御覧下さい.


1. ファイル

このパッケージのトップディレクトリにあるファイルのうち, 重要なものにつ
いて簡単に説明します.

	CHECK		動作チェックのポイント
	HISTORY		作業記録
	INSTALL		インストール方法
	NOTE		注意点を書いたファイルのありか
	README		このファイル


2. インストール

詳しくは, INSTALL を見て下さい.

標準的なプラットフォームでは, ./configure; make; make install で dcl
本体がインストールされるはずです.


3. メーリングリスト

地球流体電脳倶楽部では,メーリングリスト dcusers を開設し, 計算・情報
環境についてのもろもろの問題点に関してさまざまな個人が情報交換を行なう
ための「サロン」としています.

メイリングリストへの登録方法, およびコマンドメールの使い方などの案内は,

	dcusers-ml-help@gfd-dennou.org

宛にメールを送ることによって自動的に返信されます. この際, Subjectや本
文には何も書かなくても構いません.

詳しくは,

	http://www.gfd-dennou.org/arch/dcusers/

を御覧下さい.



4. 地球流体電脳倶楽部 dcl-5.3 クレジット

以下に名前を上げたのは, おもに dcl-5.1 までの開発に関わった人達である.
dcl-5.1 以降について, これ以外にも多くの人からのコメント, 資源提供がお
こなわれている. HISTORY ファイルを参考にされたい.

* プログラム製作

	石岡圭一, 酒井敏, 佐藤薫, 塩谷雅人, 沼口敦
	乙部直人、神代x、辻野x、西本x、堀之内武
	豊田x、鍵本x、西澤x、大塚x、保坂征宏、余田成男
	石渡正樹, 竹広真一, 中島健介, 西憲敬, 林祥介,
  Paul Swarztrauber (NCAR)

* デバッグ協力

	石田明生, 石渡正樹, 市川香, 沖大幹, 沖理子, 桜井隆博, 佐藤正樹,
	竹広真一, 中島健介, 沼口敦, 根田昌典, 野村真佐子, 藤尾伸三,
	保坂征宏

* 文章

  酒井敏, 塩谷雅人, 余田成男,鍵本 崇, 乙部 直人, 神代 剛, 辻野 智紀
  堀之内武、豊田x、 林祥介,西憲敬,沼口敦,
  石渡正樹, 佐藤薫, 佐藤正樹, 竹広真一, 中島健介, 西憲敬, 沼口敦,
  林祥介, 保坂征宏

* 参考資源

	Layout [二木徹],
	XYGRAPH [佐藤亨],
	Numerical Recipes [Willam H. Press et al.],
	NCARG [NCAR],
	FFTPACK [Paul Swarztrauber]

        ref grph1/slpack  :     Layout [二木徹]
        ref grph1/szpack  :     XYGRAPH [佐藤亨]
        ref misc1/bitlib  :     NCARG [NCAR]
        ref env1/bitmap   :     XYGRAPH [佐藤亨]
        ref math2/fftlib  :     FFTPACK [Paul Swarztrauber(NCAR)]


* 版権

<佐々木さんに確認>

* 引用について

	「地球流体電脳ライブラリ」の著作者は「地球流体電脳倶楽部」, そ
	の英語名は 'GFD-DENNOU Library', 'GFD-DENNOU Club' である. 地
	球流体電脳ライブラリを用いて作成された著作物等には, 謝辞の形で
	たとえば,

	(英文)
	"The figures were produced by GFD-DENNOU Library."

	(和文)
	「図の作成には地球流体電脳ライブラリをもちいた.」

	あるいは,参考文献の形式で

	(和文)
	地球流体電脳ライブラリ開発グループ,2017:
	地球流体電脳ライブラリ, dcl-7.0,
	http://www.gfd-dennou.org/arch/dcl/,
	地球流体電脳倶楽部.

	(英文)
	GFD-DENNOU Library development group, 2017:
	GFD-DENNOU Library, dcl-7.0,
	http://www.gfd-dennou.org/arch/dcl/,
	GFD-DENNOU Club.

	のように引用していただければ幸いである.


* 謝辞

	dcl-5.1 の作成にあたっては, 科学技術振興事業団(JST)から平成 11
	年度計算科学技術活用型特定研究開発推進事業(短期集中型)のプロジェ
	クト「地球惑星流体現象を念頭においた多次元数値データの構造化」
	として支援を受けた. ここに謝意をあらわします.