File: changelog

package info (click to toggle)
dcl 7.3.3-1
  • links: PTS, VCS
  • area: main
  • in suites: bullseye, buster, sid
  • size: 17,208 kB
  • sloc: fortran: 48,501; makefile: 4,265; ansic: 3,993; sh: 137; f90: 14
file content (181 lines) | stat: -rw-r--r-- 5,476 bytes parent folder | download
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
110
111
112
113
114
115
116
117
118
119
120
121
122
123
124
125
126
127
128
129
130
131
132
133
134
135
136
137
138
139
140
141
142
143
144
145
146
147
148
149
150
151
152
153
154
155
156
157
158
159
160
161
162
163
164
165
166
167
168
169
170
171
172
173
174
175
176
177
178
179
180
181
* This document written in UTF-8

*** 6.0 リリース以降の履歴

2015/05/01頃	乙部(otobe@gfd-dennou.org)

        * 6.0 をリリース

2015/06/30	乙部(otobe@gfd-dennou.org)

        * ファイルの出力はpdfをデフォルトにした.
       * LSEP に合わせてPDFの分割出力に対応
       * SHTLIB のパラメータをチェックするようにした
        * 5番の地図投影の定義域を正しく取得するように
       * rngu0 がコンパイルされていなかったのを修正
       * osgarg? osqarn? も同時に修正された?
       * Windows 版で colormap1/2.x11 を掃除するようにした
       * fiolib がコンパイルされていなかった

2015/12/15  乙部(otobe@gfd-dennou.org)

      * PDFでiwidth,iheightを参照するようにした(report:horinout@gfd-dennou.org)
      * いくつかの設定変数の文字数が変だったのを修正
      * Colormapがすぐに変更できなくなっていたのを修正(report/FIX:樫村)
      * 文字数のカウントにバグがあったのを修正(report/FIX:辻野)
      * SW_RLWFACT を導入.PDFの線幅のファクター.999.で画面に似せる
      * デフォルトの線幅を 1.0 から 0.5刻みに変更

2015/12/18  乙部(otobe@gfd-dennou.org)

      * 6.0.3 をリリース

2016/01/28   乙部(otobe@gfd-dennou.org)

      * Image描画で枠を書いていたのをやめた(report:yot@gfd-dennou.org)

      * 6.0.4 をリリース

2016/04/06 乙部・樫村

      * SYSTEM FONT をつかえるようになった.
        SW_SYSFONTで切り替え
        SW_FONTNAME でフォントを指定可能
      * USPK08 の ℃のバグ修正
      * 新しいマークアップ法を導入した

2016/04/17 乙部・樫村

      * マーカー用のフォントを作成した
      * マーカーフォントのインストール可能(Windows以外)

2016/04/29 乙部・樫村・塩谷

      * 新しい機能用のdemoを用意した
      * フォント名を確認するコマンドを用意した.
      * 6.5.0,6.5.1 リリース

2016/05/22 乙部・柏村・塩谷・松嶋

      * SWFLSH(強制画面描画フラッシュ)
      * dc-cache にオプションをつけた
      * 6.5.2 リリース

2016/05/24 乙部

      * 非rootユーザーでもfontがインストールできるようにした。
      * 6.5.3 リリース

2016/05/29 乙部

      * メモリリークバグ修正(パッチ作成:松嶋)
      * 6.5.4 リリース

2016/06/19 乙部

      * 7.0.0 リリース

2016/07/11 乙部

      * イメージ描画の描画領域設定忘れ修正
      * 文字数制限を1024BYTEに緩和
      * ページの初期化をせずにページを閉じた時にdumpするのを修正
      * 2バイト系文字の使用のために、DCLでの拡張した文字を使用する関数USGI を追加
      * いくつかのUnicode文字を追加し、もともとのストロークフォントの分をカバーした

      * 7.0.1 リリース

2016/07/24 乙部

      * UWPACK に初期化ルーチンを加えた(horinout@gfd-dennou.org)
      * PDF の縦横サイズを SW_IWIDTH,SW_IHWIGHT を参考にするように
      * マイナーなバグフィックス

      * 7.0.2 リリース

2016/08/01 乙部

      * SW_RLWFACT を 0.2 から 0.5 に変更。
      * SGTNXU(R,V)でベタ塗り出来なかったのを修正

      * 7.0.3 リリース

2016/08/03 乙部

      * フルカラーでトーンが書けなくなっていたのを修正

      * 7.0.4 リリース

2016/08/12 乙部

      * ベタ塗りがソフトフィルになっていたのを修正

      * 7.0.5 リリース

2016/08/30 乙部

      * 変数の名前変更 SYSFONT  -> LSYSFNT
      * 変数の名前変更 MARKFONT -> LMRKFNT
      * マニュアルの修正
      * コントロール文字は新タイプをデフォルトに
      * コントロールの解釈の不具合修正

      * 7.1.0 リリース

2016/09/15 乙部

      * IBGCLI を考慮していなかったのを修正
      * dclcc の man を追加

      *7.1.1 リリース

2016/09/26 乙部

      * 単位の指数表示が正しく処理されていなかったケースを修正
      * BOM が付いているファイルから除去
      * テキストにはBOMを追加
      * 文字列の長さ計測のバグを修正

      *7.1.2 リリース

2016/11/25 乙部

      * GTK+3.0 に対応しデフォルトにした。

2017/03/08 乙部

      * ラベル付きラインがうまく機能していなかった
      * ファイル名の文字列を1024文字に拡張
      * マップでイメージ描画がはみ出すのを修正
      * ファイル名の文字数を1024文字に緩和

2017/03/24 乙部

      * 7.2.0 リリース

2017/04/09 乙部

      * UETONC/F の座標正規化修正
      * SLDIV の分割可能数を増やした
      * 7.2.2 リリース

2017/05/17 乙部

      * UETONC/F の座標正規化再修正
      * 7.2.3 リリース

2017/12/23 乙部

      * USPACK LOG軸オートスケールでの自動FACTOR計算ミスの修正
      * 7.3.0 リリース

2018/02/02 乙部

      * f2c の制限のためにtmpackを無効化
      * 7.3.1 リリース

2018/06/10

      * gtk3 描画領域の不具合修正
      * SGOPN 前にカラーマップが変更できなくなっていたのを修正
      * 7.3.3 リリース