File: ufpack.tex

package info (click to toggle)
dcl 7.3.3-1
  • links: PTS, VCS
  • area: main
  • in suites: buster
  • size: 17,208 kB
  • sloc: fortran: 48,501; makefile: 4,265; ansic: 3,993; sh: 137; f90: 14
file content (45 lines) | stat: -rw-r--r-- 1,773 bytes parent folder | download | duplicates (6)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
%表題   GRPH2 図形処理上位パッケージ
%
%履歴
%\Drireki{
%         90/03/22 塩谷雅人
%         91/09/05 林祥介
%         91/12/10 林祥介
%         92/02/05 塩谷雅人
%         92/04/22 林祥介   (4.1版)
%         94/03/19 塩谷雅人
%        }
%
%  \Dchapter{UFPACK : 矢印付線分ルーチン}
\Dchapterhead
\label{ufpack}

\section{概要}
%\label{ufpack.概要}

UFPACK は矢印付き線分(線分の終点から対称な2本の線分をつけくわえる)を
描くサブルーチンパッケージである.
\vspace{1em}

このパッケージの実現していた機能は, 現在, GRPH1 のアローサブプリミティ
ブがすべて実現しており, このパッケージは将来的には削除される.
\vspace{1em}

以下にはサブルーチンのリストをあげるにとどめる.
なお, 対応する GRPH1/SGPACK のルーチン名を括弧内に示す.

\begin{quote}
  \begin{tabular}{lp{10cm}}
    {\tt UFLNZU (SGLAZU)} & U座標系で矢印付き線分を描く(属性も設定). \\
    {\tt UFLNZV (SGLAZV)} & V座標系で矢印付き線分を描く(属性も設定). \\
    {\tt UFLNU (SGLAU)} & U座標系で矢印付き線分を描く. \\
    {\tt UFLNV (SGLAV)} & V座標系で矢印付き線分を描く. \\
    {\tt UFSLNI/UFQLNI (SGSLAI/SGQLAI)} & ラインインデクスを設定/参照する. \\
    {\tt UFPGET/UFPSET (SGPGET/SGPSET)} & 内部変数を参照/設定する.
  \end{tabular}
\end{quote}

UFPACK と SGPACK のアローサブプリミティブとの間で仕様が異なる点は,
UFPACK がラインインデクスしか属性を持たないのに対して,
アローサブプリミティブはラインインデクスとラインタイプの2つの属性を持
つことである.