File: mime-ja.texi

package info (click to toggle)
flim 1%3A1.14.9%2B0.20201117-2
  • links: PTS, VCS
  • area: main
  • in suites: bullseye
  • size: 864 kB
  • sloc: lisp: 7,300; makefile: 86; sh: 86
file content (1626 lines) | stat: -rw-r--r-- 51,669 bytes parent folder | download | duplicates (2)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
110
111
112
113
114
115
116
117
118
119
120
121
122
123
124
125
126
127
128
129
130
131
132
133
134
135
136
137
138
139
140
141
142
143
144
145
146
147
148
149
150
151
152
153
154
155
156
157
158
159
160
161
162
163
164
165
166
167
168
169
170
171
172
173
174
175
176
177
178
179
180
181
182
183
184
185
186
187
188
189
190
191
192
193
194
195
196
197
198
199
200
201
202
203
204
205
206
207
208
209
210
211
212
213
214
215
216
217
218
219
220
221
222
223
224
225
226
227
228
229
230
231
232
233
234
235
236
237
238
239
240
241
242
243
244
245
246
247
248
249
250
251
252
253
254
255
256
257
258
259
260
261
262
263
264
265
266
267
268
269
270
271
272
273
274
275
276
277
278
279
280
281
282
283
284
285
286
287
288
289
290
291
292
293
294
295
296
297
298
299
300
301
302
303
304
305
306
307
308
309
310
311
312
313
314
315
316
317
318
319
320
321
322
323
324
325
326
327
328
329
330
331
332
333
334
335
336
337
338
339
340
341
342
343
344
345
346
347
348
349
350
351
352
353
354
355
356
357
358
359
360
361
362
363
364
365
366
367
368
369
370
371
372
373
374
375
376
377
378
379
380
381
382
383
384
385
386
387
388
389
390
391
392
393
394
395
396
397
398
399
400
401
402
403
404
405
406
407
408
409
410
411
412
413
414
415
416
417
418
419
420
421
422
423
424
425
426
427
428
429
430
431
432
433
434
435
436
437
438
439
440
441
442
443
444
445
446
447
448
449
450
451
452
453
454
455
456
457
458
459
460
461
462
463
464
465
466
467
468
469
470
471
472
473
474
475
476
477
478
479
480
481
482
483
484
485
486
487
488
489
490
491
492
493
494
495
496
497
498
499
500
501
502
503
504
505
506
507
508
509
510
511
512
513
514
515
516
517
518
519
520
521
522
523
524
525
526
527
528
529
530
531
532
533
534
535
536
537
538
539
540
541
542
543
544
545
546
547
548
549
550
551
552
553
554
555
556
557
558
559
560
561
562
563
564
565
566
567
568
569
570
571
572
573
574
575
576
577
578
579
580
581
582
583
584
585
586
587
588
589
590
591
592
593
594
595
596
597
598
599
600
601
602
603
604
605
606
607
608
609
610
611
612
613
614
615
616
617
618
619
620
621
622
623
624
625
626
627
628
629
630
631
632
633
634
635
636
637
638
639
640
641
642
643
644
645
646
647
648
649
650
651
652
653
654
655
656
657
658
659
660
661
662
663
664
665
666
667
668
669
670
671
672
673
674
675
676
677
678
679
680
681
682
683
684
685
686
687
688
689
690
691
692
693
694
695
696
697
698
699
700
701
702
703
704
705
706
707
708
709
710
711
712
713
714
715
716
717
718
719
720
721
722
723
724
725
726
727
728
729
730
731
732
733
734
735
736
737
738
739
740
741
742
743
744
745
746
747
748
749
750
751
752
753
754
755
756
757
758
759
760
761
762
763
764
765
766
767
768
769
770
771
772
773
774
775
776
777
778
779
780
781
782
783
784
785
786
787
788
789
790
791
792
793
794
795
796
797
798
799
800
801
802
803
804
805
806
807
808
809
810
811
812
813
814
815
816
817
818
819
820
821
822
823
824
825
826
827
828
829
830
831
832
833
834
835
836
837
838
839
840
841
842
843
844
845
846
847
848
849
850
851
852
853
854
855
856
857
858
859
860
861
862
863
864
865
866
867
868
869
870
871
872
873
874
875
876
877
878
879
880
881
882
883
884
885
886
887
888
889
890
891
892
893
894
895
896
897
898
899
900
901
902
903
904
905
906
907
908
909
910
911
912
913
914
915
916
917
918
919
920
921
922
923
924
925
926
927
928
929
930
931
932
933
934
935
936
937
938
939
940
941
942
943
944
945
946
947
948
949
950
951
952
953
954
955
956
957
958
959
960
961
962
963
964
965
966
967
968
969
970
971
972
973
974
975
976
977
978
979
980
981
982
983
984
985
986
987
988
989
990
991
992
993
994
995
996
997
998
999
1000
1001
1002
1003
1004
1005
1006
1007
1008
1009
1010
1011
1012
1013
1014
1015
1016
1017
1018
1019
1020
1021
1022
1023
1024
1025
1026
1027
1028
1029
1030
1031
1032
1033
1034
1035
1036
1037
1038
1039
1040
1041
1042
1043
1044
1045
1046
1047
1048
1049
1050
1051
1052
1053
1054
1055
1056
1057
1058
1059
1060
1061
1062
1063
1064
1065
1066
1067
1068
1069
1070
1071
1072
1073
1074
1075
1076
1077
1078
1079
1080
1081
1082
1083
1084
1085
1086
1087
1088
1089
1090
1091
1092
1093
1094
1095
1096
1097
1098
1099
1100
1101
1102
1103
1104
1105
1106
1107
1108
1109
1110
1111
1112
1113
1114
1115
1116
1117
1118
1119
1120
1121
1122
1123
1124
1125
1126
1127
1128
1129
1130
1131
1132
1133
1134
1135
1136
1137
1138
1139
1140
1141
1142
1143
1144
1145
1146
1147
1148
1149
1150
1151
1152
1153
1154
1155
1156
1157
1158
1159
1160
1161
1162
1163
1164
1165
1166
1167
1168
1169
1170
1171
1172
1173
1174
1175
1176
1177
1178
1179
1180
1181
1182
1183
1184
1185
1186
1187
1188
1189
1190
1191
1192
1193
1194
1195
1196
1197
1198
1199
1200
1201
1202
1203
1204
1205
1206
1207
1208
1209
1210
1211
1212
1213
1214
1215
1216
1217
1218
1219
1220
1221
1222
1223
1224
1225
1226
1227
1228
1229
1230
1231
1232
1233
1234
1235
1236
1237
1238
1239
1240
1241
1242
1243
1244
1245
1246
1247
1248
1249
1250
1251
1252
1253
1254
1255
1256
1257
1258
1259
1260
1261
1262
1263
1264
1265
1266
1267
1268
1269
1270
1271
1272
1273
1274
1275
1276
1277
1278
1279
1280
1281
1282
1283
1284
1285
1286
1287
1288
1289
1290
1291
1292
1293
1294
1295
1296
1297
1298
1299
1300
1301
1302
1303
1304
1305
1306
1307
1308
1309
1310
1311
1312
1313
1314
1315
1316
1317
1318
1319
1320
1321
1322
1323
1324
1325
1326
1327
1328
1329
1330
1331
1332
1333
1334
1335
1336
1337
1338
1339
1340
1341
1342
1343
1344
1345
1346
1347
1348
1349
1350
1351
1352
1353
1354
1355
1356
1357
1358
1359
1360
1361
1362
1363
1364
1365
1366
1367
1368
1369
1370
1371
1372
1373
1374
1375
1376
1377
1378
1379
1380
1381
1382
1383
1384
1385
1386
1387
1388
1389
1390
1391
1392
1393
1394
1395
1396
1397
1398
1399
1400
1401
1402
1403
1404
1405
1406
1407
1408
1409
1410
1411
1412
1413
1414
1415
1416
1417
1418
1419
1420
1421
1422
1423
1424
1425
1426
1427
1428
1429
1430
1431
1432
1433
1434
1435
1436
1437
1438
1439
1440
1441
1442
1443
1444
1445
1446
1447
1448
1449
1450
1451
1452
1453
1454
1455
1456
1457
1458
1459
1460
1461
1462
1463
1464
1465
1466
1467
1468
1469
1470
1471
1472
1473
1474
1475
1476
1477
1478
1479
1480
1481
1482
1483
1484
1485
1486
1487
1488
1489
1490
1491
1492
1493
1494
1495
1496
1497
1498
1499
1500
1501
1502
1503
1504
1505
1506
1507
1508
1509
1510
1511
1512
1513
1514
1515
1516
1517
1518
1519
1520
1521
1522
1523
1524
1525
1526
1527
1528
1529
1530
1531
1532
1533
1534
1535
1536
1537
1538
1539
1540
1541
1542
1543
1544
1545
1546
1547
1548
1549
1550
1551
1552
1553
1554
1555
1556
1557
1558
1559
1560
1561
1562
1563
1564
1565
1566
1567
1568
1569
1570
1571
1572
1573
1574
1575
1576
1577
1578
1579
1580
1581
1582
1583
1584
1585
1586
1587
1588
1589
1590
1591
1592
1593
1594
1595
1596
1597
1598
1599
1600
1601
1602
1603
1604
1605
1606
1607
1608
1609
1610
1611
1612
1613
1614
1615
1616
1617
1618
1619
1620
1621
1622
1623
1624
1625
1626
\input texinfo-ja @c -*-texinfo -*- coding: utf-8 -*-
@c Generated automatically from mime-ja.sgml by sinfo 3.7.
@setfilename mime-ja.info
@documentlanguage ja
@documentencoding utf-8
@settitle FLIM-LB 1.14 MIME 機能説明書
@dircategory GNU Emacs Lisp
@direntry
* FLIM-LB (ja): (mime-ja).         Internet message library.
@end direntry
@titlepage
@title FLIM-LB 1.14 MIME 機能説明書
@author 守岡 知彦 <morioka@@jaist.ac.jp>
@author 伊藤 和博
@subtitle 2020-09-17
@end titlepage
@node Top, Introduction, (dir), (dir)
@top FLIM-LB 1.14 MIME 機能説明書

@ifinfo

This file documents MIME features of FLIM-LB, a fundamental library to
process Internet Messages for GNU Emacsen.@refill

GNU Emacsen 用の Internet Message 処理のための基礎 library である FLIM-LB
の MIME 機能に関して説明します。
@end ifinfo

@menu
* Introduction::                FLIM-LB って何?
* How to use::                  FLIM の MIME 機能の使い方
* Entity::                      Message と Entity
* Content-Type::                Content-Type 欄の情報
* Content-Disposition::         Content-Disposition 欄の情報
* Content-Transfer-Encoding::   符号化法
* encoded-word::                Header の network 表現
* custom::                      一般設定
* Appendix::                    付録
* Concept Index::               概念索引
* Function Index::              関数索引
* Variable Index::              変数索引
@end menu

@node Introduction, How to use, Top, Top
@chapter FLIM-LB って何?

FLIM は Internet Message の表現や符号化に関する基礎的な機能を提供する
ための library です。
FLIM-LB は FLIM のバリアントの一つで、
最新バージョンの Emacs への対応などを特徴とします。


@node How to use, Entity, Introduction, Top
@chapter FLIM の MIME 機能の使い方

FLIM の提供する MIME 機能を使うためには

@lisp
(require 'mime)
@end lisp

@noindent
を評価してください。


@node Entity, Content-Type, How to use, Top
@chapter Message と Entity
@cindex mime-entity
@cindex entity

RFC 2045 (@ref{RFC 2045}) によれば、「Entity という語は、message, もしく
は、multipart entity の body 中の1つの部分の、MIME で定義された header
field と内容を指す」となっています。ここでは、MIME で定義された header
field 以外の全ての header と body を指す語として @strong{entity}を用いる
ことにします。@refill

RFC 2045 の定義は、MIME message が entity を節とする木構造であることを示
しています。つまり、MIME は message を木構造に拡張した訳です。@refill

FLIM は entity の情報を表現するために@strong{mime-entity} 構
造体を用います。以下では単に mime-entity と呼ぶことにします。


@menu
* Entity creation::             Entity の生成
* Entity hierarchy::            Entity 階層
* Entity Search::               Entity の検索
* Entity Attributes::           Entity の属性
* Entity-header::               Entity header の情報
* entity formatting::           Entity の文字表現
* Entity-content::              Entity の内容
* Entity-network-representation::  Entity のネットワーク表現
* Entity buffer::               Entity の buffer による表現
* mm-backend::                  Entity の表現と実現
@end menu

@node Entity creation, Entity hierarchy, Entity, Entity
@section Entity の生成

@defun mime-open-entity type location

Entity を開いて、それを返します。@refill

@var{type} は representation-type です。(cf. @ref{mm-backend}) @refill

@var{location} は entity の位置です。指定方法は
representation-type に依って変わります。
@end defun


@defun mime-parse-buffer &optional  buffer type

@var{buffer} を message として構文解析し、その結果の mime-entity を 
@var{buffer} の@code{mime-message-structure} に格納する。@refill

@var{buffer} が省略された場合、現在の buffer を構文解析する。@refill

@var{type} が指定された場合、その値を生成される mime-entity の表象型とし
て用いる。省略された場合は @var{buffer} となる。(cf. @ref{mm-backend})
@end defun



@node Entity hierarchy, Entity Search, Entity creation, Entity
@section Entity 階層
@cindex node-id
@cindex entity-number
@cindex message
@cindex root-entity

MIME message は entity を単位とする木構造になっています。@refill

この木において根となる節は message 全体を表す entity です。ここでは、こ
れを @strong{root-entity} もしくは@strong{message} と呼びます。@refill

root-entity 以外の entity は親を持ちます。また、entity は子供を持つかも
知れません。この親子関係を考えることで entity の相対関係を扱うことができ
ます。@refill

一方、entity の message における位置を考えることもできます。@refill

entity はこの木における節となりますが、この木には深さと同じ深さの中の
順番に従って番号が付けることができます。即ち、
@example

                              ┌───┐
                              │  nil │
                              └─┬─┘
              ┌─────────┼─────────┐
            ┌┴┐              ┌┴┐              ┌┴┐
            │0│              │1│              │2│
            └┬┘              └┬┘              └┬┘
              │        ┌────┼────┐        │
          ┌─┴─┐┌─┴─┐┌─┴─┐┌─┴─┐┌─┴─┐
          │ 0.0││ 1.0││ 1.1││ 1.2││ 2.0│
          └───┘└───┘└───┘└───┘└───┘
@end example

@noindent
のように深さ n の節には長さ n の整数列の節番号が振れます。これ
を @strong{entity-number} と呼びます。entity-number は S 式と
しては @code{(1 2 3)} のような整数のリストとして表現されます。

mime-entity では、これと同様の @strong{node-id} を用います。node-id はちょ
うど entity-number を逆にしたリストで、entity-number 1.2.3 に対応する 
node-id は @code{(3 2 1)} です。@refill

前述のように、MIME message は entity を単位とした木構造になっているので、
この根である message 全体も mime-entity で表現することができ、buffer
local 変数 @code{mime-message-structure} に格納することにします。@refill

@code{mime-message-structure} を起点に entity-number や node-id 
で示される entity を取り出すことができます。

@defvar mime-message-structure

現在の buffer における message 全体の mime-entity 構造体を格納するbuffer
local 変数。
@end defvar


@defun mime-entity-children entity

@var{entity} に含まれる entity の list を返す。
@end defun


@defun mime-entity-parent entity  &optional  message

@var{entity} の親の entity を返す。@refill

@var{message} が指定された場合、これを根と見倣す。
@end defun


@defun mime-root-entity-p entity

@var{entity} が根(即ち、message 全体)である場合に、非-@code{nil} を返
す。
@end defun


@defun mime-entity-node-id entity

@var{entity} の node-id を返す。
@end defun


@defun mime-entity-number entity

@var{entity} の entity-number を返す。
@end defun



@node Entity Search, Entity Attributes, Entity hierarchy, Entity
@section Entity の検索

@defun mime-find-entity-from-number entity-number  &optional  message

@var{message} から、@var{enity-number} の entity を返します。@refill

@var{message} が指定されていない場合は、
@code{mime-message-structrue} が使われます。
@end defun


@defun mime-find-entity-from-node-id entity-node-id  &optional  message

@var{message} から、@var{entity-node-id} の entity を返します。@refill

@var{message} が指定されていない場合は、
@code{mime-message-structure} が使われます。
@end defun


@defun mime-find-entity-from-content-id cid  &optional  message

@var{message} から、@var{cid} の entity を返します。@refill

@var{message} が指定されていない場合は、
@code{mime-message-structure} が使われます。
@end defun



@node Entity Attributes, Entity-header, Entity Search, Entity
@section Entity の属性

@defun mime-entity-content-type entity

@var{entity} の content-type を返す。(cf. @ref{mime-content-type})
@end defun


@defun mime-entity-content-disposition entity

@var{entity} の content-disposition を返す。
(cf. @ref{mime-content-disposition})
@end defun


@defun mime-entity-filename entity

@var{entity} の file 名を返す。
@end defun


@defun mime-entity-encoding entity  &optional  default-encoding

@var{entity} の content-transfer-encoding を返す。
(cf. @ref{Content-Transfer-Encoding}) @refill

もし、@var{entity} に Content-Transfer-Encoding 欄が存在しない場合は、
@var{default-encoding} を返す。これが指定されない場合は、@code{"7bit"} 
を用いる。
@end defun


@defun mime-entity-cooked-p entity

@var{entity} の内容が既にコード変換されている場合は nil で無い値
を返す。
@end defun



@node Entity-header, entity formatting, Entity Attributes, Entity
@section Entity header の情報

@defun mime-fetch-field field-name  &optional  entity

@var{entity} の header 中の @var{field-name} 欄の body を返す。@refill

結果の文字列は network 表現のままである。@refill

@var{entity} が省略された場合は、@code{mime-message-structure} の値を用
いる。@refill

@var{field-name} 欄が存在しない場合は @code{nil} を返す。
@end defun


@defun mime-read-field field-name  &optional  entity

@var{entity} の header 中の @var{field-name} 欄を構文解析した結果を返す。
@refill

結果の形式は欄毎に異なる。非構造化欄の場合は文字列を返し、構造化欄の場合
はその形式に従った list を返す。@refill

結果中の文字列は Emacs の内部表現に変換される。@refill

@var{entity} が省略された場合は、@code{mime-message-structure} の値を用
いる。@refill

@var{field-name} 欄が存在しない場合は nil を返す。
@end defun



@node entity formatting, Entity-content, Entity-header, Entity
@section Entity の文字表現

@defun mime-insert-header entity  &optional  invisible-fields visible-fields

現在位置に @var{entity} の復号した header を挿入する。@refill

@var{invisible-fields} と @var{visible-fields} は正規表現のlist で、それ
ぞれ、表示したくない field 名と表示したい欄名を表現したものである。
@refill

@var{invisible-fields} の要素のどれかに match し、かつ、
@var{visible-fields} の要素のどれにも match しない欄は表示されない。
@refill

encoded-word (@ref{encoded-word}) は復号される。『生の非 us-ascii 文字』
は @code{default-mime-charset} として解釈される。
@end defun


@defun mime-insert-text-content entity

point の前に @var{entity} を text entity として挿入します。@refill

@var{entity} の内容は @ref{MIME charset} として復号化され
ます。@var{entity} の Content-Type field に charset paramter が無
いと、@code{default-mime-charset} が初期値として使われます。
@end defun


@defvar default-mime-charset

適切な MIME charset (@ref{MIME charset}) が見つからなかった場合に用いら
れるMIME charset.@refill

本来は APEL の変数である。
@end defvar



@node Entity-content, Entity-network-representation, entity formatting, Entity
@section Entity の内容

@defun mime-entity-content entity

@var{entity} の内容の byte 列を返す。
@end defun


@defun mime-insert-entity-content entity

point の位置に @var{entity} の内容を挿入します。
@end defun


@defun mime-write-entity-content entity filename

@var{entity} の内容を @var{filename} に書き込みます。
@end defun



@node Entity-network-representation, Entity buffer, Entity-content, Entity
@section Entity のネットワーク表現

@defun mime-insert-entity entity

@var{entity} の header と body を point のところに挿入します。
@end defun


@defun mime-write-entity entity filename

@var{entity} の表現を @var{filename} に書き込みます。
@end defun


@defun mime-write-entity-body entity filename

@var{entity} の body を @var{filename} に書き込みます。
@end defun



@node Entity buffer, mm-backend, Entity-network-representation, Entity
@section Entity の buffer による表現

@defun mime-entity-buffer entity

@var{entity} が存在する buffer を返す。
@end defun


@defun mime-entity-point-min entity

@var{entity} が存在する buffer における、@var{entity} が占める領域の先頭
位置を返す。
@end defun


@defun mime-entity-point-max entity

@var{entity} が存在する buffer における、@var{entity} が占める領域の末尾
位置を返す。
@end defun


@defun mime-entity-header-start entity

@var{entity} が存在する buffer における、header が占める領域の先頭位置を
返す。
@end defun


@defun mime-entity-header-end entity

@var{entity} が存在する buffer における、header が占める領域の末尾位置を
返す。
@end defun


@defun mime-entity-body-start entity

@var{entity} が存在する buffer における、body が占める領域の先頭位置を返
す。
@end defun


@defun mime-entity-body-end entity

@var{entity} が存在する buffer における、body が占める領域の末尾位置を返
す。
@end defun



@node mm-backend,  , Entity buffer, Entity
@section Entity の表現と実現
@cindex mm-backend
@cindex entity 処理 method
@cindex representation-type

Entity は抽象化されたデータ表現で、実際のデータ表現としては用途に応じて
さまざまなものが利用できるように設計されています。@refill

ここで、entity がどういう種類の表現を行っているかを示すのが
@strong{representation-type} で、entity を生成する時にはこれを指定します。
(cf. @ref{Entity creation}) @refill

前節までに述べて来た entity に対する処理は、entity に対してその処理を依
頼することによって実現されています。Entity は自分の representation-type 
を知っており、その representation-type に応じて実際の処理を行う関数を呼
び出します。このような関数を @strong{entity 処理method} と呼びます。また、
representation-type 毎にこのような関数をまとめたものを 
@strong{mm-backend} と呼びます。@refill

mm-backend は representation-type の名前の先頭に @code{mm} という
接頭辞を付けた関数名からなる module で、その module 名は同様に
representation-type の名前の先頭に @code{mm} を付けたものになって
います。この module は representation-type の entity が最初に生成される
時に自動的に require されます。


@menu
* Request for entity::          Entity への便り
* mm-backend module::           mm-backend の作り方
@end menu

@node Request for entity, mm-backend module, mm-backend, mm-backend
@subsection Entity への便り

@defun mime-entity-send entity message  &rest  args

@var{entity} に @var{message} を送る。@refill

@var{args} は @var{message} の引数である。
@end defun



@node mm-backend module,  , Request for entity, mm-backend
@subsection mm-backend の作り方

@defmac mm-define-backend type &optional  parents

@var{type} を mm-backend として定義します。@refill

@var{PARENTS} が指定されている場合は、@var{type} は prents
を継承します。それぞれの parent は representation-type である必要があ
ります。

例:@refill

@lisp
(mm-define-backend chao (generic))
@end lisp
@end defmac


@defmac mm-define-method name args  &rest  body

@var{name} を (nth 1 (car @var{args})) backend の method 関
数として定義します。@refill

@var{args} は lambda の引数リストのようなものですが、(car
@var{args}) は指定された parameter である必要があります。(car
(car @var{args})) は変数の名前で、(nth 1 (car @var{args}))
は backend の名前 (representation-type) です。@refill

例:@refill

@lisp
(mm-define-method entity-cooked-p ((entity chao)) nil)
@end lisp
@end defmac



@node Content-Type, Content-Disposition, Entity, Top
@chapter Content-Type 欄の情報
@cindex mime-content-type
@cindex Content-Type 欄

@strong{Content-Type 欄} は media-type (@ref{media-type}) や MIME
charset といった entity (@ref{Entity}) の内容の種類や表現形式などを記述
するためのもので、RFC 2045 (@ref{RFC 2045}) で定義されています。

@noindent
@strong{[Memo]}
@quotation

歴史的には RFC 1049 で Content-Type 欄が提案されている。但し、MIME の
media-type のような type と subtype の区別はなく、MIME charset のような
文字符号の種類を表現することもできない。
@end quotation


FLIM は Content-Type 欄を構文解析する関数と Content-Type 欄の解析結果を
格納する構造体 @strong{mime-content-type} を提供します。


@menu
* Content-Type field::          Content-Type 欄の形式
* mime-content-type::           mime-content-type 構造体
* Content-Type parser::         Content-Type 欄の解析器
* Content-Type utility::        Content-Type に関する有用な関数
@end menu

@node Content-Type field, mime-content-type, Content-Type, Content-Type
@section Content-Type 欄の形式
@cindex parameter
@cindex subtype
@cindex type

Content-Type 欄の形式は以下のように定義されています:

@quotation
``Content-Type'' ``:'' @strong{type} ``/''
@strong{subtype} *( ``;'' @strong{parameter} )
@end quotation

例えば、

@quotation
@example
Content-Type: image/jpeg
@end example
@end quotation

@noindent

@quotation
@example
Content-Type: text/plain; charset=iso-2022-jp
@end example
@end quotation

@noindent
などのように用いられます。

ここで、`type' と `subtype' は entity の形式を示すもので、両者を総称し
て、`media-type' と呼ぶことにします。上記の例における `image/jpeg' や
`text/plain' は media-type の1つです。

@noindent
@strong{[Memo]}
@quotation

Content-Type 欄のない entity は

@quotation
@example
Content-Type: text/plain; charset=us-ascii
@end example
@end quotation

@noindent
として解釈される。(cf. @ref{us-ascii})
@end quotation



@node mime-content-type, Content-Type parser, Content-Type field, Content-Type
@section mime-content-type 構造体

@deffn{Structure} mime-content-type

Content-Type 欄の情報を格納するための構造体。@refill

この構造体を参照するには @code{mime-content-type-要素名} という名前の参
照関数を用いる。@refill

この構造体の要素は以下の通りである:

@table @var
@item primary-type
media-type の主型 (symbol).

@item subtype
media-type の副型 (symbol).

@item parameters
Content-Type 欄の parameter (連想 list).

@end table
@end deffn


@defun make-mime-content-type type subtype
	   &optional  parameters

content-type の生成子。
@end defun


@defun mime-content-type-parameter content-type parameter

@var{content-type} の @var{parameter} の値を返す。
@end defun



@node Content-Type parser, Content-Type utility, mime-content-type, Content-Type
@section Content-Type 欄の解析器

@defun mime-parse-Content-Type string

@var{string} を content-type として解析した結果を返す。
@end defun


@defun mime-read-Content-Type

現在の buffer の Content-Type 欄を読み取り、解析した結果を返す。@refill

Content-Type 欄が存在しない場合は nil を返す。
@end defun



@node Content-Type utility,  , Content-Type parser, Content-Type
@section Content-Type に関する有用な関数

@defun mime-type/subtype-string type  &optional  subtype

@var{type} と @var{subtype} から type/subtype 形式の文字列を返す。
@end defun



@node Content-Disposition, Content-Transfer-Encoding, Content-Type, Top
@chapter Content-Disposition 欄の情報
@cindex mime-content-disposition
@cindex RFC 2183
@cindex Standards Track
@cindex Content-Disposition 欄

@strong{Content-Disposition 欄} は entity の表示や file 名など
の属性になどに関する情報を記述するためのものです。


@noindent
[RFC 2183]
@quotation
S. Dorner, K. Moore and R. Troost, ``Communicating Presentation
Information in Internet Messages: The Content-Disposition Header'',
August 1997, Standards Track.
@end quotation

FLIM は Content-Disposition 欄を構文解析する関数と Content-Disposition 
欄の解析結果を格納する構造体 
@strong{mime-content-disposition} を提供します。


@menu
* mime-content-disposition::    mime-content-disposition 構造体
* Content-Disposition parser::  Content-Disposition 欄の解析器
@end menu

@node mime-content-disposition, Content-Disposition parser, Content-Disposition, Content-Disposition
@section mime-content-disposition 構造体

@deffn{Structure} mime-content-disposition

Content-Disposition 欄の解析結果を収めるための構造体。@refill

この構造体を参照するには @code{mime-content-disposition-要素名} という名
前の参照関数を用いる。@refill

この構造体の要素は以下の通りである:

@table @var
@item disposition-type
disposition-type (symbol).

@item parameters
Content-Disposition 欄の parameter (連想 list).

@end table
@end deffn


@defun mime-content-disposition-parameter content-disposition parameter

@var{content-disposition} の @var{parameter} の値を返す。
@end defun


@defun mime-content-disposition-filename content-disposition

@var{content-disposition} の filename の値を返す。
@end defun



@node Content-Disposition parser,  , mime-content-disposition, Content-Disposition
@section Content-Disposition 欄の解析器

@defun mime-parse-Content-Disposition string

@var{string} を content-disposition として解析した結果を返す。
@end defun


@defun mime-read-Content-Disposition

現在の buffer の Content-Disposition 欄を読み取り、解析した結果を返す。
@refill

Content-Disposition 欄が存在しない場合は nil を返す。
@end defun



@node Content-Transfer-Encoding, encoded-word, Content-Disposition, Top
@chapter 符号化法
@cindex Content-Transfer-Encoding 欄

@strong{Content-Transfer-Encoding 欄} は entity の符号化法を記述するため
のものです。@refill

FLIM では Content-Transfer-Encoding 欄を構文解析する関数を提供します。こ
れらの関数は Content-Transfer-Encoding 欄の情報は文字列で表現します。
@refill

また、Content-Transfer-Encoding に基づいて符号化・復号化を行う関数も提
供されます。


@menu
* Content-Transfer-Encoding parser::  Content-Transfer-Encoding 欄の解析器
* encoder/decoder::             符号化・復号化
* Encoding information::        Other utilities
* mel-backend::                 How to write encoder/decoder module
* generic function for mel-backend::  How to add encoding/decoding service
@end menu

@node Content-Transfer-Encoding parser, encoder/decoder, Content-Transfer-Encoding, Content-Transfer-Encoding
@section Content-Transfer-Encoding 欄の解析器

@defun mime-parse-Content-Transfer-Encoding string

@var{string} を content-transfer-encoding として解析した結果を返す。
@end defun


@defun mime-read-Content-Transfer-Encoding &optional default-encoding

現在の buffer の Content-Transfer-Encoding 欄を読み取り、解析した結果を
返す。@refill

Content-Transfer-Encoding 欄が存在しない場合は@var{default-encoding} を
返す。
@end defun



@node encoder/decoder, Encoding information, Content-Transfer-Encoding parser, Content-Transfer-Encoding
@section 符号化・復号化

@defun mime-encode-region start end encoding

現在の buffer の @var{start} から @var{end} までの region を
@var{encoding} を使って符号化します。
@end defun


@defun mime-decode-region start end encoding

現在の buffer の @var{start} から @var{end} までの region を
@var{encoding} を使って復号化します。
@end defun



@defun mime-decode-string string encoding

@var{string} を @var{encoding} として復号した結果を返す。
@end defun



@defun mime-insert-encoded-file filename encoding

@var{ENCODING} format で符号化された file @var{FILENAME} を
挿入する。
@end defun


@defun mime-write-decoded-region start end filename encoding

@var{encoding} で符号化された現在の region を復号化して
@var{filename}に書き込みます。

<var>start<var> と @var{end} は buffer の位置です。
@end defun



@node Encoding information, mel-backend, encoder/decoder, Content-Transfer-Encoding
@section Other utilities

@defun mime-encoding-list &optional  SERVICE

Content-Transfer-Encoding の list を返します。@refill

@var{service} が指定されていると、それに対する
Content-Transfer-Encoding を返します。
@end defun


@defun mime-encoding-alist &optional  SERVICE

補完のための Content-Transfer-Encoding の表を返します。@refill

@var{service} が指定されている場合はそれに対する
Content-Transfer-Encoding の list を返します。
@end defun



@node mel-backend, generic function for mel-backend, Encoding information, Content-Transfer-Encoding
@section How to write encoder/decoder module

@defmac mel-define-method name args  &rest  body

@var{name} を (nth 1 (car (last @var{args}))) backend の
method 関数として定義します。

@var{args} は lambda の引数 list と似ていますが、(car (last
@var{args})) は指定された parameter である必要があります。(car
(car (last @var{args}))) は変数の名前で、(nth 1 (car (last
@var{args}))) は backend の名前 (encoding) です。@refill

例:@refill

@lisp
(mel-define-method mime-write-decoded-region (start end filename
						    (nil "base64"))
  "Decode and write current region encoded by base64 into FILENAME.
START and END are buffer positions."
  (interactive
   (list (region-beginning) (region-end)
	 (read-file-name "Write decoded region to file: ")))
  (let ((str (buffer-substring start end)))
    (with-temp-buffer
      (insert (decode-base64-string str))
      (write-region-as-binary (point-min) (point-max) filename)
      )))
@end lisp
@end defmac


@defmac mel-define-method-function spec function

@var{spec} の関数定義を @var{function} に設定します。@refill

@var{spec} の最初の要素は service です。@refill

@var{args} の残りは lambda の引数 list 似ていますが、(car (last
@var{args})) は指定された parameter である必要があります。(car
(car (last @var{args}))) は変数の名前で、(nth 1 (car (last
@var{args}))) は backend の名前 (encoding) です。@refill

例:@refill

@lisp
(mel-define-method-function (mime-encode-string string (nil "base64"))
			    'encode-base64-string)
@end lisp
@end defmac



@node generic function for mel-backend,  , mel-backend, Content-Transfer-Encoding
@section 符号化/復号化 service を追加する方法

@defmac mel-define-service name &optional  args doc-string

@var{name} を Content-Transfer-Encoding の service として定義しま
す。@refill

@var{args} が指定されていると、@var{name} は service の
generic function として定義されます。@refill

例:@refill

@lisp
(mel-define-service encoded-text-encode-string (string encoding)
  "Encode STRING as encoded-text using ENCODING.
ENCODING must be string.")
@end lisp
@end defmac



@node encoded-word, custom, Content-Transfer-Encoding, Top
@chapter Header の network 表現
@cindex RFC 2047
@cindex Standards Track
@cindex RFC 2047

encoded-word は header で非 ASCII (@ref{ASCII}) 文字を表現するための形式
で、@strong{RFC 2047} で定義されています。@refill


@noindent
[RFC 2047]
@quotation
K. Moore, ``MIME (Multipurpose Internet Mail Extensions) Part Three:
Message Header Extensions for Non-ASCII Text'', November 1996, Standards
Track (obsolete RFC 1521,1522,1590).
@end quotation

また、行儀の悪いことだと言えますが、encoded-word を用いずに非 ASCII
(@ref{ASCII}) 文字を header に入れた記事も存在します。@refill

FLIM はこれらを符号化・復号化する機能を提供します。


@menu
* Header encoder/decoder::      Header の符号化・復号化
@end menu

@node Header encoder/decoder,  , encoded-word, encoded-word
@section Header の符号化・復号化

@defun eword-decode-header &optional  code-conversion separator

Header 中の encoded-word を復号する。@refill

もし @var{code-conversion} が @code{nil} なら、encoded-word だけが復号さ
れる。もし、@var{code-conversion} が MIME charset (@ref{MIME charset}) 
なら、非 ASCII bit patterns はその MIME charset として復号される。これ以
外の場合、非 ASCII bit patterns は@code{default-mime-charset}. として復
号される。(cf. @ref{entity formatting}) @refill

もし @var{separator} が @code{nil} でなければ、その値がheader separator 
として用いられる。
@end defun


@defun eword-encode-header &optional  code-conversion

Header を network 表現に符号化する。@refill

各 field は @code{mime-field-encoding-method-alist} で指定された方式で
符号化される。
@end defun


@defvar mime-field-encoding-method-alist

Field を符号化する方法を指定する連想 list。各 element は (FIELD
. METHOD) の様になっている。@refill

METHOD が @code{mime} であれば、FIELD は MIME format に符号化さ
れる (encoded-word)。

METHOD が @code{nil} であれば、FIELD は符号化されない。

METHOD が MIME charset であれば、FIELD はネットワークコードに変換しな
ければならないときに charset に符号化される。@refill

そうでなければ、FIELD はネットワークコードに変換しなければならないとき
に 変数 @code{default-mime-charset} で符号化される
@end defvar



@node custom, Appendix, encoded-word, Top
@chapter 一般設定

@deffn{group} mime

MIME 関連機能に関する group.@refill

@code{mail} と @code{news} に属する。
@end deffn


@node Appendix, Concept Index, custom, Top
@chapter 付録


@menu
* Glossary::                    用語
* Bug report::                  bug 報告の仕方
* GitHub::                      GitHub による開発
* History::                     歴史
@end menu

@node Glossary, Bug report, Appendix, Appendix
@section 用語


@menu
* 7bit::                        
* 8bit::                        
* ASCII::                       
* Base64::                      
* binary::                      
* Coded character set::         Coded character set(符号化文字集合), Character code(文字符号)
* media-type::                  
* message::                     
* MIME::                        
* MIME charset::                
* MTA::                         
* MUA::                         
* Quoted-Printable::            
* RFC 822::                     
* RFC 1036::                    
* RFC 2045::                    
* RFC 2046::                    
* RFC 2048::                    
* RFC 2049::                    
* plain text::                  
* us-ascii::                    
@end menu

@node 7bit, 8bit, Glossary, Glossary
@subsection 7bit

ここでは 0 から 127 の整数を指す。@refill

0 から 127 の整数の列で表現できるような data を ``7bit の data'' と呼ぶ。
@refill

また、0 から 31 および 127 で表現される制御文字と 32 で表現される空白と 
33 から 126 で表現される図形文字からなる文字列のことを ``7bit の文字列'' 
と呼ぶ(これは ISO 2022 の「7 単位系」と同様)。

伝統的な Internet の MTA (@ref{MTA}) は 7bit の data を転送できるので、
7bit の data は Quoted-Printable (@ref{Quoted-Printable}) や Base64
(@ref{Base64}) といった変換を行わなくてもそのまま転送できる。@refill

しかし、7bit であればどんな data でも良いとはいえない。なぜなら、1行の
長さがあまりに長いと、MTA はその message を転送することができないからで
ある。ちなみに、RFC 822 (@ref{RFC 822}) は1行は改行文字を除いて 998
byte 以内であることを求めている。よって、これ以上の行が含まれる可能性の
ある data, 例えば、Postscript の data などは Quoted-Printable 等で 
encodeする必用がある。


@node 8bit, ASCII, 7bit, Glossary
@subsection 8bit
@cindex binary

ここでは 0 から 255 の整数を指す。@refill

0 から 255 の整数の列で表現できるような data を ``8bit の data'' と呼ぶ。
@refill

また、0 から 31, 127 および 128 から 159 で表現される制御文字と 32 で表
現される空白と 33 から 126 と 160 から 255 で表現される図形文字からなる
文字列のことを ``8bit の文字列'' と呼ぶ(これは ISO 2022 の「8 単位系」と同様)。@refill

iso-8859-1 や euc-kr といった符号化文
字集合は 8bit の文字列である。@refill

伝統的な Internet の MTA (@ref{MTA}) は 7bit (@ref{7bit}) の data しか転
送できないので、そうした MTA を経由する場合、Quoted-Printable
(@ref{Quoted-Printable}) や Base64 (@ref{Base64}) といった変換を行わなく
てはならない。@refill

しかし、最近では 8bit の文字列をそのまま通すことができる MTA も登場して
きたので、そのまま送ることができる場合も増えてきた。@refill

しかし、8bit であればどんな data でも良いとはいえない。なぜなら、1行の
長さがあまりに長いと、MTA はその message を転送することができないからで
ある。ちなみに、RFC 822 (@ref{RFC 822}) は1行は改行文字を除いて 998
byte 以内であることを求めている。よって、これ以上の行が含まれる可能性の
ある data, 例えば、Postscript の data などは Quoted-Printable 等で 
encodeする必用がある。@refill

また、こうした理由から、1行が 999 byte 以上の行が存在する可能性のある
data は @strong{binary} (@ref{binary}) と呼ぶことにする。@refill

ちなみに、7bit で表現できる data は 8bit でも表現できる。よって、
``8bit'' と言った場合、1行が 998 byte 以下の任意の data を指すことが
ある。


@node ASCII, Base64, 8bit, Glossary
@subsection ASCII
@cindex ANSI X3.4:1986
@cindex ASCII

アメリカ連邦で使われる文字を符号化した符号化文字集合 (@ref{Coded character set})。A-Z, a-z の Latin 文字と数字、幾つかの記号からなる。ISO 646 の一つ
で、現在は国際基準版 (IRV) になっている。


@noindent
[ASCII]
@quotation
``Coded Character Set -- 7-Bit American Standard Code for Information
Interchange'', ANSI X3.4:1986.
@end quotation



@node Base64, binary, ASCII, Glossary
@subsection Base64
@cindex pad

RFC 2045 (@ref{RFC 2045}) で定義されている MIME (@ref{MIME}) における 
binary data (@ref{binary}) の network での変換法の1つ。@refill

『64 進数』という意味で、3 byte の data を 0 から 63 の数を表す ASCII
(@ref{ASCII}) 4 文字に変換する方法。(もし、4 文字にならなければ 
@strong{pad} と呼ばれる詰め物をして長さを調整する)@refill

この 65 種類の文字は ASCII と EBCDIC の共通部分から選ばれており、
Internet 以外の network を経由する場合でも安全に転送できるように設計さ
れている。


@node binary, Coded character set, Base64, Glossary
@subsection binary
@cindex binary data
@cindex binary

任意の byte 列を @strong{binary} と呼ぶ。@refill

8bit (@ref{8bit}) と異なるのは data に行の構造を仮定しないことである。

また、行の構造があっても、999 byte 以上からなる行がある場合も binary と
呼ぶことにする。@refill

ちなみに、7bit (@ref{7bit}) や 8bit で表現できる data は binary でも表現
できる。よって、@strong{binary data} と言った場合、任意の data を指すこ
とがある。


@node Coded character set, media-type, binary, Glossary
@subsection Coded character set(符号化文字集合), Character code(文字符号)

文字と byte 列と1対1に対応付ける曖昧でない規則の集合。


@node media-type, message, Coded character set, Glossary
@subsection media-type
@cindex x-token
@cindex primary-type/subtype
@cindex message
@cindex multipart
@cindex application
@cindex video
@cindex audio
@cindex image
@cindex text
@cindex subtype
@cindex primary-type

MIME (@ref{MIME}) における entity (@ref{Entity}) の種類。
@strong{primary-type} と @strong{subtype} からなる。RFC 2046 (@ref{RFC 2046}) で定義されている。@refill

primary-type は標準では

@itemize @bullet
@item
@strong{text}
@item
@strong{image}
@item
@strong{audio}
@item
@strong{video}
@item
@strong{application}
@item
@strong{multipart}
@item
@strong{message}
@end itemize

@noindent
が定義され、それぞれには application/octet-stream, audio/basic,
image/jpeg, multipart/mixed, text/plain, video/mpeg などの
さまざまな subtype が定義されている。

@noindent
@strong{[注意]}
@quotation

ここでは、text/plain などの type/subtype の組をしばしば 
@strong{primary-type/subtype} と書く。
@end quotation


media-type は、RFC 2046 で定義されているものに加えて、登録することもでき
る。現在、登録されているものは MEDIA TYPES
(ftp://ftp.isi.edu/in-notes/iana/assignments/media-types) で参照できる。

また、type もしくは subtype に、前に `x-' を付けた @strong{x-token} を用
いることにより、登録されていないものを私的に用いることもできる。しかし、
当然のことながら、こうした私的な media-type は諒解を得た者の間でしか解釈
できないので利用には注意すること。@refill

(cf. @ref{Content-Type})



@node message, MIME, media-type, Glossary
@subsection message

ここでは mail と news 記事の総称として用いる。


@node MIME, MIME charset, message, Glossary
@subsection MIME
@cindex Multipurpose Internet Mail Extensions

@strong{Multipurpose Internet Mail Extensions} の略で、Internet の mail 
や news で us-ascii plain text (@ref{us-ascii}) 以外の文字を使うための 
RFC 822 (@ref{RFC 822}) に対する拡張。@refill

RFC 2045 は冒頭で次のように述べている:@refill

STD 11, RFC 822 は、US-ASCII message header に関して非常に詳細に規定し
た message 表現 protocol を定義している。しかし、それは単に flat な 
US-ASCII text のみに留まり、message の内容や message body に関する規定
はなされていない。Multipurpose Internet Mail Extensions, あるいは MIME 
と総称される、この一連の文書は、以下の事を可能とするために message の
形式を再定義した:

@enumerate
@item
文書 message body における US-ASCII 以外の文字集合
@item
非文書 message body
@item
複数の部分からなる message body
@item
US-ASCII 以外の文字集合からなる文書 header 情報
@end enumerate


RFC 2045 (@ref{RFC 2045}), RFC 2046 (@ref{RFC 2046}), RFC 2047
(@ref{encoded-word}), RFC 2048 (@ref{RFC 2048}), RFC 2049 (@ref{RFC 2049}) で定義されている。


@node MIME charset, MTA, MIME, Glossary
@subsection MIME charset

Content-Type (@ref{Content-Type}) 欄や encoded-word (@ref{encoded-word}) 
の charset parameter で用いられる登録された符号化文字集合(@ref{Coded character set})。@refill

RFC 2045 (@ref{RFC 2045}) で定義されている。@refill

iso-2022-jp や euc-kr はその1つ。


@node MTA, MUA, MIME charset, Glossary
@subsection MTA
@cindex Message Transfer Agent

@strong{Message Transfer Agent} の略で、qmail や sendmail などの mail 配
送 program と inn などの news server の総称。@refill

(cf. @ref{MUA})



@node MUA, Quoted-Printable, MTA, Glossary
@subsection MUA
@cindex Message User Agent

@strong{Message User Agent} の略で、mail reader と news reader の総称。
@refill

(cf. @ref{MTA})



@node Quoted-Printable, RFC 822, MUA, Glossary
@subsection Quoted-Printable

RFC 2045 (@ref{RFC 2045}) で定義されている MIME (@ref{MIME}) における 
binary data の network での変換法の1つ。@refill

`=' や制御文字や 128 以上の文字などは `=AF' のように `=' の後に続く 16 
進数で表現する。このため、ASCII (@ref{ASCII}) 文字中心の data では 
Base64 (@ref{Base64}) に比べると可読性が高くなる可能性がある。@refill

しかしながら、EBCDIC には存在しない文字を利用する場合、EBCDIC を利用し
ている network では安全に転送することができず、Base64 に比べて安全性は
低い。


@node RFC 822, RFC 1036, Quoted-Printable, Glossary
@subsection RFC 822
@cindex RFC 822
@cindex STD 11
@cindex Internet message
@cindex Internet mail
@cindex message header

Internet mail の主に @strong{message header} に関する形式に
関する標準を定めている RFC.

@noindent
@strong{[Memo]}
@quotation

news message もこれに準じているので、@strong{Internet mail} と書くよりも、
@strong{Internet message} と書いた方が良いかもしれない。
@end quotation



@noindent
[RFC 822]
@quotation
D. Crocker, ``Standard for the Format of ARPA Internet Text Messages'',
August 1982, STD 11.
@end quotation



@node RFC 1036, RFC 2045, RFC 822, Glossary
@subsection RFC 1036
@cindex RFC 1036
@cindex USENET

USENET での message の形式を定めた RFC.  RFC 822 (@ref{RFC 822}) の 
subset になっている。Internet の標準ではないが、USENET 以外の netnews で
もこれに準じているものが多い。


@noindent
[USENET: RFC 1036]
@quotation
M. Horton and R. Adams, ``Standard for Interchange of USENET Messages'',
December 1987, (obsolete RFC 850).
@end quotation



@node RFC 2045, RFC 2046, RFC 1036, Glossary
@subsection RFC 2045
@cindex RFC 2045
@cindex Standards Track


@noindent
[RFC 2045]
@quotation
N. Freed and N. Borenstein, ``Multipurpose Internet Mail Extensions
(MIME) Part One: Format of Internet Message Bodies'', November 1996,
Standards Track (obsolete RFC 1521, 1522, 1590).
@end quotation



@node RFC 2046, RFC 2048, RFC 2045, Glossary
@subsection RFC 2046
@cindex RFC 2046
@cindex Standards Track


@noindent
[RFC 2046]
@quotation
N. Freed and N. Borenstein, ``Multipurpose Internet Mail Extensions
(MIME) Part Two: Media Types'', November 1996, Standards Track (obsolete
RFC 1521, 1522, 1590).
@end quotation



@node RFC 2048, RFC 2049, RFC 2046, Glossary
@subsection RFC 2048
@cindex RFC 2048
@cindex Standards Track


@noindent
[RFC 2048]
@quotation
N. Freed, J. Klensin and J. Postel, ``Multipurpose Internet Mail
Extensions (MIME) Part Four: Registration Procedures'', November 1996,
Standards Track (obsolete RFC 1521, 1522, 1590).
@end quotation



@node RFC 2049, plain text, RFC 2048, Glossary
@subsection RFC 2049
@cindex RFC 2049
@cindex Standards Track


@noindent
[RFC 2049]
@quotation
N. Freed and N. Borenstein, ``Multipurpose Internet Mail Extensions
(MIME) Part Five: Conformance Criteria and Examples'', November 1996,
Standards Track (obsolete RFC 1521, 1522, 1590).
@end quotation



@node plain text, us-ascii, RFC 2049, Glossary
@subsection plain text

書体や組版に関する情報を持たない文字符号 (@ref{Coded character set}) のみ
で表現される text 情報。



@node us-ascii,  , plain text, Glossary
@subsection us-ascii
@cindex ASCII
@cindex us-ascii

アメリカ連邦などで使われる英語などを表現するための MIME charset
(@ref{MIME charset}) の1つ。@refill

ASCII (@ref{ASCII}) のみからなり ISO 2022 による符号拡張は許されない。

Internet message における標準の符号化文字集合 (@ref{Coded character set})
であり、明示的に MIME charset が示されない場合は原則として 
@strong{us-ascii} が使われる。@refill

また、RFC 822 (@ref{RFC 822}) における @strong{ASCII} は us-ascii である。


@node Bug report, GitHub, Glossary, Appendix
@section bug 報告の仕方

FLIM-LB に関する議論は以下のメーリングリストで行われます。
最新バージョンのアナウンスもこちらに流れます。

@display
Wanderlust Mailing List @t{<wl@@ml.gentei.org>}
@end display

ここでは主に日本語での議論が行われています。また、英語専用のリストとして

@display
Wanderlust List in English @t{<wl-en@@ml.gentei.org>}
@end display

もあります(こちらに投稿されたメッセージは前者にも配送されます)。

これらのメーリングリストのガイドを得るには、@t{wl-ctl@@ml.gentei.org} 宛
(英語の方は @t{wl-en-ctl@@ml.gentei.org} 宛) で、本文に

@example
# guide
@end example

@noindent
と書いたメールを送って下さい。

バグ報告やパッチの送付もこれらのメーリングリストへ送ってください。メーリ
ングリストへの送信はメンバになる必要があります。

但し、あまりにも古い版に関する報告は歓迎されません。古い版の bug は、新
しい版では治っているかもしれません。まず、最新版で確認してみましょう。
@refill

それから、適切な報告をしましょう。単に「うまく動かない」と言われてもど
ういう状況なのかはさっぱり判りません。最低限、OS, emacs, APEL, FLIM,
SEMI, 使っている MUA の種類および版、設定を書く必要があります。また、
error が起っている場合は backtrace を送ることも重要です。
(cf. @ref{Bugs,Reporting Bugs ,Reporting Bugs, emacs, GNU Emacs
Manual})

また、bug は大抵複数の人が遭遇するものです(そうでなければ、bug ではな
い可能性があります)。だから、作者に直接 mail を送ると作者は同じ mail
を何通も書く羽目になります。だから、必ず bug 報告は上記の address に送っ
てください。


@node GitHub, History, Bug report, Appendix
@section GitHub による開発

FLIM-LB のリポジトリは GitHub で公開されています。

@example
@uref{https://github.com/wanderlust/flim}
@end example

プルリクエストを送る場合は、Emacs の様に、コミットメッセージに従来の
@file{ChangeLog} エントリに相当する内容をインデントせずに入力して下さい。
Emacs の @file{CONTRIBUTE} ファイル
@footnote{@uref{https://git.savannah.gnu.org/cgit/emacs.git/plain/CONTRIBUTE}}
にある @cite{Commit messages} セクションを参照して下さい。

また、バグ報告の場合はバックトレースを取って添付すると原因究明しやすくな
ります。 @footnote{バックトレースの取り方は
@uref{http://www.jpl.org/elips/BUGS-ja.html}が参考になります。}


@node History,  , GitHub, Appendix
@section 歴史

FLIM の code の最古の部分は 榎並 嗣智 氏が書いた @file{mime.el} に起源し
ます。この小さな program は Nemacs で動作する iso-2022-jp の B-encoding 
専用の encoded-word の復号化プログラムでした。@refill

その後、守岡 知彦 は @file{mime.el} を元に@file{tiny-mime.el} というプロ
グラムを書きます。これは、Nemacs と Mule で動作する encoded-word の符号
化・復号化プログラムでした。@file{tiny-mime.el} は B-encoding だけでなく 
Q-encoding もsupport し、また、MULE で扱うことができるさまざまな MIME
charset (@ref{MIME charset}) を同時に使うことができました。この時、
Nemacs と Mule の双方を support するために用いられたテクニックは後に emu
package にまとめられます。@refill

この頃、守岡 知彦 は @file{tiny-mime.el} をさまざまな MUA で使うための設
定集も配布していましたが、それらは後に@file{tiny-mime.el} とともに1つの 
package にまとめられ、tm という名前で配布されます。@refill

守岡 知彦 はやがて、MIME message を閲覧するためのプログラムである
@file{tm-body.el} を書きます。これは、すぐに@file{tm-view.el} という名前
に変わりましたが、やがて、これが@file{tiny-mime.el} に代わって、tm の中
核となります。@refill

@file{tm-view.el} は当然、Content-Transfer-Encoding を扱う必要があります。
この目的のために、MEL が整備されはじめました。Base64 に関しては 
@file{tiny-mime.el} の code が移され、また、新たにQuoted-Printable の 
code が追加されました。これらが@file{mel-b.el} と @file{mel-q.el} になり
ました。@refill

また、後に、守岡 知彦 によって uuencode 用の @file{mel-u.el} が追加され、
その後に、小林 修平 氏によって x-gzip64 用の@file{mel-g.el} が追加されま
した。@refill

tm では後に、守岡 知彦 によって @file{tiny-mime.el} の再実装が行われ、こ
の過程で、STD 11 の parser が書かれました。これは、現在の 
@file{std11.el} に当たります。また、この過程で @file{tiny-mime.el} は復
号化を行う @file{tm-ew-d.el} と符号化を行う @file{tm-ew-e.el} に分けられ
ました。この両者が現在の @file{eword-decode.el} と 
@file{eword-encode.el} の先祖に当たります。@refill

後に、守岡 知彦 らによって tm の全面書き換え作業が行われ、この過程で、tm 
は APEL, MEL, SEMI, EMH, RMAIL-MIME, Gnus-MIME などに分けられました。こ
のうちの MEL が FLIM の直接の先祖に当たります。@refill

後に、APEL から @file{std11.el} が移され、また、@file{mailcap.el},
@file{eword-decode.el} および @file{eword-encode.el} が SEMI から移され、
package の名前が FLIM となります。@refill

この直前から田中 哲 氏がより RFC に忠実な実装を書き始め、これは、現在、
FLIM の枝である ``FLIM-FLAM'' となっています。


@node Concept Index, Function Index, Appendix, Top
@chapter 概念索引

@printindex cp

@node Function Index, Variable Index, Concept Index, Top
@chapter 関数索引

@printindex fn

@node Variable Index,  , Function Index, Top
@chapter 変数索引

@printindex vr
@bye