File: INSTALL

package info (click to toggle)
manpages-ja 0.5.0.0.20161015+dfsg-1
  • links: PTS, VCS
  • area: main
  • in suites: stretch
  • size: 28,488 kB
  • ctags: 7
  • sloc: perl: 161; makefile: 99
file content (73 lines) | stat: -rw-r--r-- 2,699 bytes parent folder | download | duplicates (2)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
            ==========================================
            日本語マニュアル・ページのインストール方法
            ==========================================

1) マニュアルのインストール

  まず最初に、展開後に作成されたディレクトリ man-pages-ja-20150111 で

    make config 

  としてください。

  パッケージごとにそのマニュアルをインストールするかどうか尋ねられます
  ので、数が多くてやや大変ですが答えてください。さらに、パッケージが別
  で名前・セクションが同じマニュアルがある場合は、どのパッケージのもの
  をインストールするか聞かれますから、同じく答えて下さい。

  なお、man コマンドが man-db パッケージ由来のものである場合は、man や
  whatis などの日本語マニュアルもインストールされているはずです。この
  場合は、man や man-db パッケージのマニュアルはインストール対象外と
  してください。

  (熟練者の方向け: make config 実行前に script/pkgs.list を編集して、
  不要なパッケージを N にしておけば、リターンを押しっぱなしでパッケー
  ジの選択が終わります。)

  設定が終ったら、

    su

  でスーパーユーザーになって

    make install

  としてください。これにより各マニュアルがインストールされます。


2) whatis データベースの作成

  whatis データベースは自動作成されません。whatis コマンドや apropos
  コマンドを使用したい人は、インストール後に手動で作成する必要があり
  ます。インストールされている man コマンドの種類に応じて

    /usr/sbin/makewhatis

  または

    /usr/bin/mandb

  などを実行してください。(パスは異なる可能性があります。)


3) 日本語表示の確認

  以上でインストールは終了です。環境変数 LANG が ja_JP.utf8 または
  ja_JP.UTF-8 と正しく設定されていれば、日本語のマニュアルを見る
  ことができるはずです。

     man bash

  など色々と試してみてください。


4) 日本語マニュアルの文字コードについて

  2012年3月まで日本語マニュアルの文字コードを EUC-JP で配布しておりました
  が、2012年4月より UTF-8 で配布するように変更しました。

  日本語マニュアルを EUC-JP で扱うディストリビューションでは、EUC-JP へ
  変換するなど必要な処置を行なってください。


以上