File: 0003-Fix-section-of-locate.1.patch

package info (click to toggle)
manpages-ja 0.5.0.0.20161015%2Bdfsg-1
  • links: PTS, VCS
  • area: main
  • in suites: stretch
  • size: 28,488 kB
  • ctags: 7
  • sloc: perl: 161; makefile: 99
file content (26 lines) | stat: -rw-r--r-- 1,049 bytes parent folder | download | duplicates (2)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
From a7f069b3d8345f63a859adbcb5d8fdf3f179fe96 Mon Sep 17 00:00:00 2001
From: Nobuhiro Iwamatsu <iwamatsu@debian.org>
Date: Sun, 4 Aug 2013 17:56:45 +0900
Subject: [PATCH 03/25] Fix section of locate.1

Signed-off-by: Nobuhiro Iwamatsu <iwamatsu@debian.org>
---
 manual/GNU_findutils/man1/locate.1 | 2 +-
 1 file changed, 1 insertion(+), 1 deletion(-)

diff --git a/manual/GNU_findutils/man1/locate.1 b/manual/GNU_findutils/man1/locate.1
index 4a8fac4..29ce9d2 100644
--- a/manual/GNU_findutils/man1/locate.1
+++ b/manual/GNU_findutils/man1/locate.1
@@ -60,7 +60,7 @@ locate \- ファイル名データベースからパターンに合うものを
 システムに存在していたファイルのリストからなっている。
 システム管理者はデフォルトで用いるデータベースのファイル名や更新の頻度、
 またどのディレクトリの情報をデータベースに入れるかなどを選択することができる。
-.BR updatedb (1L)
+.BR updatedb (1)
 を見よ。
 .SH オプション
 .TP
-- 
1.8.3.2