File: 0005-Fix-section-of-locatedb.5.patch

package info (click to toggle)
manpages-ja 0.5.0.0.20161015%2Bdfsg-1
  • links: PTS, VCS
  • area: main
  • in suites: stretch
  • size: 28,488 kB
  • ctags: 7
  • sloc: perl: 161; makefile: 99
file content (59 lines) | stat: -rw-r--r-- 2,055 bytes parent folder | download | duplicates (4)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
From ef98a08deedf3a10b53a2d564523b53112bc6ffe Mon Sep 17 00:00:00 2001
From: Nobuhiro Iwamatsu <iwamatsu@debian.org>
Date: Sun, 4 Aug 2013 17:57:12 +0900
Subject: [PATCH 05/25] Fix section of locatedb.5

Signed-off-by: Nobuhiro Iwamatsu <iwamatsu@debian.org>
---
 manual/GNU_findutils/man5/locatedb.5 | 14 +++++++-------
 1 file changed, 7 insertions(+), 7 deletions(-)

diff --git a/manual/GNU_findutils/man5/locatedb.5 b/manual/GNU_findutils/man5/locatedb.5
index 5aadbea..2cbfe43 100644
--- a/manual/GNU_findutils/man5/locatedb.5
+++ b/manual/GNU_findutils/man5/locatedb.5
@@ -22,7 +22,7 @@
 .\"
 .\"WORD		front compression		前置圧縮
 .\"WORD		offset differential count	オフセット差分カウント
-.TH LOCATEDB 5L \" -*- nroff -*-
+.TH LOCATEDB 5 \" -*- nroff -*-
 .SH 名前
 locatedb \- 前置圧縮されたファイル名データベース
 .SH 説明
@@ -36,7 +36,7 @@ locatedb \- 前置圧縮されたファイル名データベース
 環境変数やコマンドラインオプションを指定すれば、
 ユーザーは \fBlocate\fP に検索させるデータベースを選択することができる。
 詳しくは
-.BR locate (1L)
+.BR locate (1)
 を見よ。
 システム管理者はデフォルトで用いられるデータベースの名前や、
 データベースの更新頻度、
@@ -44,7 +44,7 @@ locatedb \- 前置圧縮されたファイル名データベース
 通常ファイル名データベースの更新は
 \fBupdatedb\fP プログラムを定期的に実行させることによって行なう
 (夜間が良いだろう)。詳細は
-.BR updatedb (1L)
+.BR updatedb (1)
 を見よ。
 .PP
 \fBupdatedb\fP は \fBfrcode\fP というプログラムを呼び出して
@@ -160,10 +160,10 @@ bigram とは隣接した二つのバイトデータをインデックス付け
 .fi
 .RE
 .SH 関連項目
-.BR find (1L),
-.BR locate (1L),
-.BR updatedb (1L),
-.BR xargs (1L)
+.BR find (1),
+.BR locate (1),
+.BR updatedb (1),
+.BR xargs (1)
 .br
 .B Finding Files
 (on-line in Info, or printed)
-- 
1.8.3.2