File: 0024-Fix-section-of-hwclock.8.patch

package info (click to toggle)
manpages-ja 0.5.0.0.20161015%2Bdfsg-1
  • links: PTS, VCS
  • area: main
  • in suites: stretch
  • size: 28,488 kB
  • ctags: 7
  • sloc: perl: 161; makefile: 99
file content (26 lines) | stat: -rw-r--r-- 1,038 bytes parent folder | download | duplicates (4)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
From ce01f8e7eb12d059e6e6c30588de931997a02695 Mon Sep 17 00:00:00 2001
From: Nobuhiro Iwamatsu <iwamatsu@debian.org>
Date: Sun, 4 Aug 2013 18:02:15 +0900
Subject: [PATCH 24/25] Fix section of hwclock.8

Signed-off-by: Nobuhiro Iwamatsu <iwamatsu@debian.org>
---
 manual/util-linux/man8/hwclock.8 | 2 +-
 1 file changed, 1 insertion(+), 1 deletion(-)

diff --git a/manual/util-linux/man8/hwclock.8 b/manual/util-linux/man8/hwclock.8
index f5bc8a0..402cf06 100644
--- a/manual/util-linux/man8/hwclock.8
+++ b/manual/util-linux/man8/hwclock.8
@@ -364,7 +364,7 @@ ISA システムの設計対象であった DOS においては、
 .PP
 システム・クロックには不連続が存在してはならない。
 これはシステムが走っている間に
-.I date(1L)
+.I date(1)
 プログラムを実行して時計を合わせるような場合でも同様である。
 一方ハードウェア・クロックには、システムの実行中にでも何を行ってもよい。
 次回 Linux が起動したときに、
-- 
1.8.3.2