File: introduction_jp.rst

package info (click to toggle)
rdkit 202009.4-1
  • links: PTS, VCS
  • area: main
  • in suites: bullseye
  • size: 129,624 kB
  • sloc: cpp: 288,030; python: 75,571; java: 6,999; ansic: 5,481; sql: 1,968; yacc: 1,842; lex: 1,254; makefile: 572; javascript: 461; xml: 229; fortran: 183; sh: 134; cs: 93
file content (26 lines) | stat: -rw-r--r-- 1,633 bytes parent folder | download | duplicates (2)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
このサイトの使い方(日本語版序文)
#######################################################################################################################

このサイトは\ `The RDKit Documentation <https://www.rdkit.org/docs/index.html>`__\ の試訳をまとめるために作成したテストサイトです。

**使用上の注意**

- 本サイトページ中のリンクは日本語版ではなくオリジナルサイト(英文)へのリンクとなっています
- 各セクションのセクションタイトルの下にオリジナルサイトへのリンクを貼っています。
  オリジナルサイトを参照するには角括弧[ ]内のリンクをクリックしてください。
- 日本語版独自のコンテンツとして「\ :doc:`Supplementary_Text_jp`\ 」ならびに「\ :doc:`terminology_jp` \」が追加されています。

**もっとRDKitについて知りたいけど、本家サイトはハードルが高い・・・という方へ**

日本のRDKitユーザーのためのユーザー会\ `rdkit-users-jp <http://rdkit-users.jp>`__ があります。

- どなたでも参加可能なコミュニティで
- SlackやMLで情報交換、質問ができる

サイトとなっていますので、ぜひ訪問されてはみていかがでしょうか?

**免責**

当サイトのコンテンツや情報において、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めています。
しかし、誤情報が入り込んだり、情報が古くなったりすることもあります。
必ずしも正確性を保証するものではありません。