File: README.ja

package info (click to toggle)
riece 8.0.0-1.2
  • links: PTS
  • area: main
  • in suites: jessie, jessie-kfreebsd
  • size: 2,068 kB
  • ctags: 1,310
  • sloc: lisp: 13,235; sh: 898; ruby: 257; makefile: 105
file content (45 lines) | stat: -rw-r--r-- 1,493 bytes parent folder | download | duplicates (6)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
* これは何か?

Riece は Emacs 向け IRC クライアントです。

Riece には以下に挙げる特長があります:

- 複数の IRC サーバに同時に接続可能
- アドオンにより拡張機能の追加や取り外しが可能
- 他の elisp パッケージに依存しないため、インストールが簡単
- 設定が簡単で、前回起動時の設定を記録・復元する仕組みを提供
- 段階的な操作説明書 (info 形式) が附属
- 最新の IRC のクライアントプロトコル (RFC2812) に準拠

* ディレクトリ構成

このパッケージは以下のディレクトリから成ります:

lisp/ - Emacs Lisp のファイル
doc/  - 文書ファイル

* 必要なもの

- Emacs 20.7 以降、または XEmacs 21.4 以降
- Ruby 1.8 以降 (任意)

* インストール

$ ./configure
$ sudo make install

~/.emacs 等に以下の一行を追加してください。

  (autoload 'riece "riece" "Start Riece" t)

XEmacs で使う場合には "--with-xemacs" オプションを configure スクリプ
トに与えてください。また、"make install" の代わりに "make
install-package" とすることでXEmacs のパッケージとしてインストールする
ことができます。

* マニュアル

使い方は同梱のマニュアルに記載されています。
マニュアルを読むには "M-x info" で以下のメニューを選択します。

  * Riece-ja: (riece-ja).		     An IRC client for Emacsen