File: README.ptex

package info (click to toggle)
xdvik-ja 22.84.16-j1.40+t1lib-1
  • links: PTS, VCS
  • area: main
  • in suites: jessie, jessie-kfreebsd, wheezy
  • size: 16,628 kB
  • ctags: 10,310
  • sloc: ansic: 88,999; sh: 5,309; makefile: 1,031; perl: 245; lisp: 244
file content (80 lines) | stat: -rw-r--r-- 3,682 bytes parent folder | download
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80

		  << xdvi-17+ptex patch について >>

					1995/11/09
					竹中 浩
					lh36112@hongo.ecc.u-tokyo.ac.jp
					KHB11235@niftyserve.or.jp

○xdvi-17+ptex patch とは
  xdvi-17 + miyu-patch for xdvi PL17 を ASCII pTeX の縦組み拡張 DVI に
  対応させるパッチです。このパッチを当てることで xdvi での縦組み表示が
  可能になります。

○動作を確認した環境
	linux 1.3.24 + Slackware 2.2 + JE-0.9.6

○インストールについて

  まず, xdvi PL17 のソース・ファイルである xdvi-17.tar.gz と、それに対
  するパッチ xdvi-17miyu.patch-beta7.pre.gz (*1)、さらに本パッチ
  xdvi-17+ptex.patch  を用意します。

  次に, 作業ディレクトリを作成して, そのディレクトリに移った後,
  xdvi-17.tar.gz を展開します。そのまま, ディレクトリを移動しないで,
  xdvi-17miyu.patch-beta7.pre.gz を用いてパッチをあてます。
  このとき, GNU のツールである gzip および patch が必要となります (*2)。
  同様に xdvi-17+ptex.patch を用いてパッチをあてます。

  あとは, システムに応じて Imakefile を編集した後,
  xmkmf を実行して Makefile を生成して, make を実行します。

  なお、miyu-patch for xdvi PL17 については、README.miyu-patch をよく
  読んでください。

  (*1) これらは, ftp://ftp.tohoku.ac.jp/pub/tex/dviwares/xdvi/PL17 な
       どの anonymous ftp などから入手できます。
       xdvi-17miyu.patch-beta6.gz や、Linux-JE の xdvi パッチでも OK
       です。

  xdvi-17+markpage+toc+printdvi[+paper] patch との共存は問題ありません。
  ただし Imakefile へのパッチあては当然うまくいかないでしょうから、
  Imakefile.rej などを参照して適当に手動で修正してやってください。


○Use_PTEX について
  当然のことながら、これを define しなくては pTeX 対応になりません。試
  してませんが、たぶん Use_ASCIIDNP とはうまく共存できないだろうと思い
  ます。

○tategaki.c について
  xdvi-17+ptex.patch では横組み用の漢字フォントを縦組み用に修正して表
  示します。このための修正情報のテーブルが tategaki.c に入ってます。

     struct TateCorrection TateCorrectionTable[] = {
	     { TCOR_NOP, 0, 0 },
	     { TCOR_SHIFT, 64, 96 },	/* 2122 '、' */
	     { TCOR_SHIFT, 64, 96 },	/* 2123 '。' */
	     { TCOR_SHIFT, 64, 96 },	/* 2124 ',' */
	     { TCOR_SHIFT, 64, 96 },	/* 2125 '.' */
	     { TCOR_SHIFT, 42, 42 },	/* 2126 '・' */
	     { TCOR_ROTATE, 0, 0 },	/* 2127 ':' */
			:

  というような具合です。

  最初の項目が TCOR_NOP の場合には修正をしません。TCOR_SHIFT の場合に
  は、位置の移動を行ないます。TCOR_ROTATE の場合には、右に90度回転して
  から位置の移動を行ないます。'0x2121' などのように JIS の文字コードを
  指定した場合には、その文字のフォントで代替します。

  2番目、3番目の項目はそれぞれ x、y 方向の位置の移動量です。+/- 128 で
  フォントの幅(高さ)の分だけ位置を左右(上下)にずらします。

  使用するフォントや好みによって適切な修正方法・量は異なると思うので、
  見た目にこだわる方は適当に修正してやってください。

○著作権
  日本の著作権法上放棄はできないはずですが、本パッチの著作権を積極的に
  主張するつもりはありません。配布・改造は自由です。