File: README.vf2ft

package info (click to toggle)
xdvik-ja 22.84.16-j1.40+t1lib-1
  • links: PTS, VCS
  • area: main
  • in suites: jessie, jessie-kfreebsd, wheezy
  • size: 16,628 kB
  • ctags: 10,310
  • sloc: ansic: 88,999; sh: 5,309; makefile: 1,031; perl: 245; lisp: 244
file content (100 lines) | stat: -rw-r--r-- 4,287 bytes parent folder | download | duplicates (4)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
* xdvik-22.40l-j1.09-vf2ft.patch について

http://www.matsusaka-u.ac.jp/~okumura/texfaq/qa/6610.html で提案されて
いた、VFlibを使わずにfreetype2のみでxdviの日本語化を実現する方策を、と
りあえずパッチ形式にし、また、configure時にその方策を選択できるように
しました。

	$ ./configure --with-vflib=vf2ft

のようにすると、VFlib APIをFreetypeのもので置き換えます。それ以外であ
れば、これまでのxdvi-jpパッチと同等となります。

縦書き等、多々問題があると思いますが、VFlib無しでfreetype2を使えるよう
にという試みは、選択肢が増えるという意味でも意義があるものと思います。

以下、この試みの初出と思われるウェブサイトの全文引用およびtarball中の
memoを転載させていただきます。但し、memo中で書かれている手順1,2,3の記
述は本パッチでは該当しないので読み飛ばして構わないでしょう。


○ xdvi-ft2.tar.gz について
〜ここから〜
URL: http://www.matsusaka-u.ac.jp/~okumura/texfaq/qa/6610.html
Title: xdvi using freetype
名前: otofuji
日時: 2002-02-15 22:57:22

乙藤@東北学院大学と申します.

ばかばかしいといってしまえばそれまでですが, xdviの中で利用されている
VFlibの関数をFreetypeの関数で置き換えるためのものを作って

ftp://ftp.cs.tohoku-gakuin.ac.jp/pub/TeX/TG-Local-TeX/xdvi-ft2.tar.gz

に置いておきました. パッチにもなっていませんが...

xdviの利用しているフォントファイルがttfファイルかotfファイルを使って
いる場合だけ利用できます.

メリットは
o XFree86にFreetypeが付いている状況なので, VFlibを用いずにX Window環境
  だけで利用できる
o FreetypeではOpentypeもサポートされているので, そのままでOpentypeが利
  用できる
くらいでしょうか

P.S. Ghostscriptもこれができると面白いのですが.
〜ここまで〜


○ xdvi-ft2.tar.gz内のmemo
〜ここから〜
xdvikの中でFreetypeを使うことを考えた試作品です. vf2ft-utils.cだけが入っ
ています. VFlibのコードを参考に利用させてもらっています.

VFlib2を使う場合が多かったのですが, XFree86に標準でfreetypeが入ってき
たので, なるべくX windowシステムだけで利用できないかと思って作ったもの
です. freetypeではOpentypeフォントも利用できるので, 面白いのかもしれま
せん.

縦書きの確認はしていません.

1. texk/xdvikの下に, vf2ft-utils.cを移動させ,
   cc -c -O2 -I/usr/X11/include/freetype2 vf2ft-utils.c
   を実行しておく.

2. configure 実行後, make の前にtexk/xdvikのMakefileを修正する.
  2.1. objects の最後に vf2ft-utils.o を追加する.
  2.2 -lVFlib の部分を -lfreetype に変更する.

3. 普通に "make", "make install"する.
   make時に VF.h がないと文句をいうかもしれません. include 行をコメン
   トアウトして, で大丈夫だと思います(未確認)

4. vfontmapを以下のように修正する.

	min	明朝体のttfファイル   or otfファイル
	goth	ゴシックのttfファイル or otfファイル
----
Edition Record:  020215, 020220
〜ここまで〜

○ vfontmapの記述例

Win上のUNIX的環境であるCygwin/XFree86での例となりますが、例えば
/usr/local/share/texmf/xdvi/vfontmap に、

〜ここから〜
min	/cygdrive/c/WINDOWS/Fonts/msmincho.ttc
goth	/cygdrive/c/WINDOWS/Fonts/msgothic.ttc
〜ここまで〜

のように記述することでASCII pTeXの日本語dviが扱えるようになります。他
のフォント及びマッピングについては、これを参考にxdvi-jpパッチのドキュ
メント類を参考にしてください。

また、提案tarball中のsuppl.tarに入っていた、コード変換に関するサンプル
get-mapping.c、フォントマッピングテーブルに関するサンプル
get-origfontfile.cについては、このパッチでは反映されていませんが、検討
すべき問題提起がされていると思います。(山田 泰司<taiji@aihara.co.jp>)